プロフィール

略歴

1951年(昭和26年)
紋別市鴻の舞鉱山生まれ
1969年(昭和44年)
北海道旭川北高等学校卒業(生徒会・吹奏楽部で青春を謳歌)
1974年(昭和49年)
北海道大学法学部卒業(「伊達環境権」裁判支援に汗を流す)以後、日糧製パン、菊地鮮魚店に勤務
1981年(昭和56年)~199年(平成2年)
市民運動情報センター「ミニコミ喫茶ひらひら」専従
 
1983年(昭和58年)
横路孝弘「勝手連」創設メンバー、竹村泰子「草の根連合」参画
1991年(平成3年)
市議会議員初挑戦、次点にて落選。魚の引き売り、小規模作業所指導員をして捲土重来(一度戦いに敗れた者が再び勢いを盛り返して攻め寄せてくること)を期す。
1995年(平成7年)
初当選
1999年(平成11年)
二期目当選
    民主党札幌政審委員会長として「統一自治体選挙公約」「市長選挙公約」とりまとめ。
市長候補選考「6人委員会」メンバーの一人として上田文雄さんを擁立
2003年(平成15年)
3期目落選するも、上田文雄市長誕生
2004年(平成16年)
補欠選挙にて3期目当選
2007年(平成19年)
4期目は17,102 得票で初のトップ当選。西区は定数7人立候補9人、選挙当日の有権者数は171,382人で 投票者数105,990人投票率61.84%であった。トップの責任の重みを噛み締めてがんばっていきたい。
2011年(平成23年)
5期目当選。市議会議員16年目にして「副議長に就任」。ますます多忙になるも上田市政の下、全力で取り組む。 
2013年(平成25年)
   任期満了にて「副議長退任」。民主党市民連合議員会 会長に就任。
2015年 (平成27年)
   6期目当選。秋元克広新市長の下、民主党市民連合議員会会長を留任し
   引き続き重責を担う。
   
現在の主な役職
札幌市議会 
  • 立憲民主党北海道連合副代表
  • 民主市民連合議員会相談役
  • 北海道日中友好協会副会長
  • 札幌日中友好協会会長
  • 総務委員会
  • 大都市税財政制度・
    人口減少対策調査特別委員会 
  • 札幌市西区保護司
  •  NPO北海道グリーンファンド監事